• 歯周病の恐ろしさ
  • 歯周病が身体に与える影響
  • 歯周病の進行段階
  • 当クリニックの歯周病治療

歯を失う可能性の高い歯周病は早期発見・早期治療が大切

日本では、成人の約8割が歯周病にかかっているかその予備軍だといわれています。ただし、多くの人がかかっているからといって放っておいてもいい病気ではありません。日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病なのです。

歯周病の恐ろしさ

歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどなく進行する病気。「歯ぐきが赤く腫れる」「歯ぐきから出血する」「口臭がする」などの歯周病の典型的な症状が見られても、痛みがほとんどないため放置されてしまうことが多いのです。

しかし、歯周病を放置すると歯周病菌が歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」を深くしていき、顎の骨を溶かしていきます。溶かされた顎の骨は歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。
歯周病は早期発見・早期治療が大切。予防することはもちろんですが、もしも何らかの症状があらわれたら、早めにご来院ください。

歯周病が身体に与える影響

歯周病菌は、唾液や血液を介して各臓器に運ばれ、全身にさまざまなトラブルを引き起こす原因になるといわれています。ここでは歯周病の合併症といわれる全身疾患やトラブルをご紹介します。

糖尿病

糖尿病

人は血糖値が上がると免疫機能が低下します。そのため糖尿病の方は歯周病ほかさまざまな感染症にかかりやすいといわれているのです。また、歯周病菌にも糖尿病を悪化させる性質があるといわれ、歯周病が糖尿病を引き起こすともいわれます。歯周病と糖尿病の関連性は未だ解明されていませんが、歯周病をもつ糖尿病患者が多いことは事実です。

肺炎

肺炎

歯周病菌が唾液などを介して肺や気管支に入り込み、細菌性の肺炎を引き起こすといわれています。

心臓病

心臓病

歯周病菌が血管に入り込むと、その影響で血栓ができやすくなります。それが心筋梗塞や動脈硬化を引き起こすといわれています。歯周病菌が心臓の内側の心内膜に感染すると、細菌性心内膜炎になる例もあるようです。

早産

早産

妊婦さんのお口に存在する歯周病菌が血液を介して子宮や胎盤にまで運ばれると、陣痛に似た筋肉の収縮を起こして早産を引き起こすと考えられています。歯周病にかかっていない方に比べて、早産になる確率は5~7倍まで上がるというデータもあります。

歯周病の進行段階

歯周病は、歯肉炎から歯周炎へと進行していきます。ここではその進行段階を、わかりやすく4段階に分けてご説明します。

進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきが少し赤く腫れ、炎症を起こしています。ブラッシングをすると出血することがあります。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめています。歯ぐきから出血したり、歯ぐきが赤くなったりして炎症が進みつつあります。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が大きく破壊されて、歯がグラついています。歯ぐきの炎症がさらに進み、腫れや出血がひどくなります。
重度歯周炎
重度歯周炎
歯周病の末期状態。歯ぐきの炎症はピークに達し、歯はグラグラに。出血や排膿が著しく起こり、異臭を放ちます。さらに放っておくと歯は抜け落ちます。

当クリニックの歯周病治療

当院の歯周病治療は国家資格を持った歯科衛生士が患者様おひとりに対し、30分~1時間かけてしっかりと行います。

ポケット検査

ポケット検査置

プローブという専用のものさしを使って、歯周ポケットの深さや出血の有無を確認します。歯周ポケットが深く、出血があるほど、歯周病が進行している証拠になります。

歯の揺度の検査

歯1本1本をピンセットでつまんで動かし、動揺を確認します。グラつきが大きいほど、歯周病が進行している証拠になります。

レントゲン検査

レントゲンで顎の骨を撮影して調べます。歯周病が進むと骨が溶けてしまうため、骨が薄くなっているほど、歯周病が進行している証拠になります。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという特殊な器具を使って、歯の根元など目に見える範囲の歯石を除去するのがスケーリングです。スケーリング後に、歯周ポケットの奥深くにたまった歯石を徹底的に除去する処置をルートプレーニングといいます。目に見えないところの歯石や歯垢を除去したうえで、ザラついた歯根面をツルツルにしていきます。場合によっては麻酔をしたうえで、歯石を除去します。

フラップ手術

フラップ手術

歯周病が重症化している場合におこなう処置です。麻酔をしたうえで歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯石や感染した歯肉などを除去します。歯周病の進行を食い止めて健康な歯ぐきを取り戻します。

GTR法

GTR法

失った歯周組織を取り戻すためにおこなう再生療法です。歯ぐきを切開したうえで、メンブレンという人工膜を設置し、歯周組織の再生を促します。歯周組織の再生後は、メンブレンを除去する手術をおこないます。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

失った歯周組織を取り戻すためにおこなう再生療法です。エムドゲインゲルという薬剤を患部に注入し、歯周組織の再生を促します。エムドゲインゲルは体内に吸収されるため、メンブレンのように除去する手術は必要ありません。

歯ぐきからの出血は危険信号!歯周病は予防によって回避できます