きれいに整った歯並びを手に入れる「矯正治療」

きれいに整った歯並びを手に入れる「矯正治療」1

出っ歯や受け口、八重歯など、歯並びの問題でお悩みではありませんか? 歯並びや咬み合わせが乱れていると見た目が悪くなるため、会話中に口を押さえてしまったり、思い切って笑えなかったりする方も多いものです。そんなコンプレックスから解放されるためにも、一度矯正歯科へご相談ください。

きれいに整った歯並びを手に入れる「矯正治療」2

当クリニックの矯正歯科では、矯正装置を使用して歯並びや咬み合わせを整える治療を行っています。歯を矯正すると見た目が改善されるだけでなく、食べものを咬む能力が向上し、ブラッシングもしやすくなるため、全身の健康状態が改善されるといわれています。矯正歯科は、よりよい生活を送る手助けをしてくれる、そんな診療メニューです。

矯正治療のメリット

矯正治療をおこなうことで見た目が美しくなることはもちろんですが、ほかにも得られるメリットがたくさんあります。

メリット

  • 見た目がきれいになる
  • すべての歯を使ってしっかり咬めるようになる
  • 発音しやすくなり、会話がスムーズになる
  • 食べかすが詰まりにくくなるうえ、ブラッシングがしやすくなる
  • 全身のバランスが整い、頭痛や肩こりなどから解放される
  • コンプレックスから解放される

不正咬合の種類

種類 症状
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる出っ歯のこと。上の歯列が下の歯列より前に突き出ている状態。
下顎前突
(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
いわゆる受け口。下の歯列が上の歯列より前に突き出ている状態。
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下の歯列が前に突き出ている状態。
叢生
(そうせい)
叢生(そうせい)
歯が本来の歯列から外れ、四方八方に生えている状態。八重歯が代表的な症例。
開咬
(かいこう)
開咬(かいこう)
奥歯を咬み合わせているのに、上下の歯列が咬み合わずに隙間があく状態。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)
下の歯がまったく見えないくらいに上の歯列が下の歯列に大きく覆い被さっている状態。

不正咬合が身体に与える影響

不正咬合が身体に与える影響

歯並びが乱れた状態を不正咬合といい、見た目が悪くなるばかりか、全身に悪影響が及ぶことがあります。ここでは不正咬合が身体に与える影響をご紹介します。

  • 頭痛や肩こり、腰痛を引き起こす
  • 顎関節に負担がかかり、顎関節症の原因になる
  • 聞き取りにくい発音になってしまう
  • 歯と歯が重なるので歯垢がたまりやすくなる(むし歯や口臭、歯周病の原因になる)
  • しっかり咬み合わないので消化不良を起こし、胃腸に負担がかかりやすくなる

当クリニックの取り扱い矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット

もっとも一般的な金属製の矯正装置。歯の表面に金属製の装置を取り付け、そこにワイヤーを通す方法です。弱い力をかけ続けることで徐々に歯を移動させていきます。あらゆる症例に対応できる基本的な装置といえます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットだと見た目が気になる方には、こちらのブラケットがおすすめです。歯の質感や色に近いセラミック製のブラケットを使うため、目立ちにくくなっています。矯正する能力はメタルブラケットとほぼ変わらないため、あらゆる症例に対応できます。

リンガルアーチ

リンガルアーチ

歯の表側ではなく、裏側に装着する矯正装置。一般的なメタルブラケットと同様、ワイヤーを通してその力で歯を徐々に移動させていきます。特に手前に引き寄せる力が強いので、出っ歯の症例にも向いています。歯の表側にブラケットを付けることに抵抗がある――そんな方におすすめです。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

取り外しができるマウスピース型の矯正装置です。素材が透明の樹脂ですので、装着していても、外からはほとんど見えません。食事もブラッシングも普段通りできるため、矯正中もむし歯になりにくくなります。ただし、大幅に歯列が乱れているケースには対応できないので、まずはご相談ください。

※小児矯正 367,500円~
成人矯正 735,000円~
価格は全て税込です。

あごの骨全体を正しい状態に導く「小児顎顔面矯正」

あごの骨全体を正しい状態に導く「小児顎顔面矯正」

歯並びが悪くなる原因のひとつに、「歯の大きさに対してあごの骨が小さい」ということが挙げられます。表面上の歯並びをワイヤーで整えても、そもそもの原因である「歯とあごの骨のアンバランス」は解決できません。小児顎顔面矯正はあごの骨全体を正しい状態へと導くことで、歯並びの根本的な矯正をはかります。特に、成長段階にあるお子様に効果的です。

治療方法

治療方法

小児顎顔面矯正は、急速拡大装置という特殊な装置を上あごに取り付ける治療です。上あごには「正中口蓋縫合」というつなぎ目があり、実はそこで左右ふたつの骨に分かれています。このつなぎ目を急速拡大装置によって毎日ほんの少しずつ広げることで、あごの骨全体の形を整えます。これによって骨が正常に成長していくよう促され、永久歯も正しい並びで生えてくるようになります。

床矯正との違い

小児矯正で行われる方法のひとつに、床矯正があります。専用の装置を装着して顎のスペースを広くすることで将来歯並びが悪くならないようにするものです。

床矯正は装置をつけたり外したりするため、短時間で拡大することは難しく、元に戻りやすいというデメリットがあります。また、そもそも思うように広げられないことも多くあります。歯並びが外側に傾斜することで見た目には顎が広がったように見えても、根本的な骨の動きをコントロールするのは非常に難しいのです。

しかし顎顔面矯正であれば急速拡大装置を歯に固定するため、取り外すことがありません。短期間で変化が出やすく、元に戻りにくいのが特徴です。

小児顎顔面矯正のメリット

小児顎顔面矯正は、あごが正常な状態に発達する手助けを行います。あごが未発達なままだと、歯並びが悪くなることはもちろん、骨格のバランスが乱れることでさまざまなデメリットが生じます。

たとえば、上あごが小さいと鼻腔が狭くなることで鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸が増えます。すると、結果的に風邪をひきやすくなってしまいます。なぜなら、鼻呼吸の場合は鼻の粘膜が異物を取り除くフィルターの役割を果たしますが、口呼吸にそのような機能はないからです。

また、口呼吸をすることで口が乾燥して口臭が発生しやすくなるほか、口がつねにあいていることで見た目も悪くなってしまいます。あごの未発達は舌の動きも阻害するため、滑舌が悪くなったり、うまくものを咬めなかったりといった問題も発生します。

小児顎顔面矯正は骨を正しく成長させることでこれらの問題を解決し、子供の健康で強い体づくりを促します。

治療後に改善される症状

  • 鼻づまり
  • ぜんそく
  • いびき
  • 舌運動機能
  • 咀嚼機能
  • アレルギー

お子様の歯並び、気になりませんか?小児矯正では成長段階に合わせた正しい咬み合わせを育てます