妊娠中もお口のケアは忘れずに

妊娠をきっかけに、お口の中の環境は変化します。ホルモンバランスなどの影響で、妊娠前よりもむし歯歯周病になりやすくなるため、妊娠中のお口のケアはとても大切です。つわりなどで体調がすぐれなかったり、出産準備で忙しかったりするとケアがおろそかになりがちですが、妊娠中だからこそしっかりとケアをして出産をむかえてください。

妊娠中に治療を受けるタイミング

出産後でないと歯科治療を受けられないと思われがちですが、妊娠中でも治療は受けられます。むしろ、妊娠中でも早めに治療してしまったほうがいい場合も多くあります。治療時期についても適切なタイミングをアドバイスいたしますので、ご不明点がある場合は、まずはご相談ください。

妊娠周期と治療タイミングの目安
妊娠1~4ヶ月 妊娠初期は切迫流産を起こしやすいため、歯科治療は応急処置のみとし、安定期にはいってから再度治療するようにしましょう。
妊娠5~8ヶ月 安定期にはいっているので、ほとんどの方が問題なく治療できるでしょう。
妊娠9ヶ月~出産まで 治療中、同じ姿勢でいるのがきつくなってくる時期です。いつ陣痛がおきるかも分からないので、応急処置以外は、産後におこなうのがよいでしょう。

治療中について

安定期だから大丈夫と自己判断せずに、歯科治療を受ける際には必ず妊娠中である旨を申し出てください。また、治療中は背もたれを倒した状態が苦しい場合もあるかと思いますので、その際はすぐにおっしゃってください。楽な姿勢で安心して治療を受けていただけるように配慮いたします。

歯科治療の場合には、レントゲンや麻酔は局所的なものに限定し、レントゲン撮影が必要な場合にはお腹の被ばくを防止するために鉛のはいったエプロンをしていただきますので心配ありません。しかし、抗生物質の服用については注意が必要です。妊娠中に服用できるものもありますが、なるべく避けたほうがよいでしょう。服用が必要な場合でも、まずはかかりつけの産婦人科の先生に確認いたします。

母子感染について

赤ちゃんは生まれたときにはお口の中にむし歯菌をもっていません。そのため、そのまま成長すればむし歯にはならないはずですが、いつの間にかむし歯菌に感染してしまうことがほとんど。一度感染してしまうと完全にむし歯菌を除去することは難しいので、きちんとケアしてあげることが大切です。

赤ちゃんへの感染経路は色々ですが、多くはご両親、ご家族がもっているむし歯菌が、唾液を通して赤ちゃんに感染してしまうと考えられます。できるだけ長く、むし歯菌のいない状態を保つには、お母さんの唾液がついた箸やスプーンで赤ちゃんにご飯をあげないことや、親が咬んでやわらかくした食べ物をあげないこと、スキンシップでのキスをしないことが大切です。また、赤ちゃんが生まれてくる前にお母さん自身のむし歯菌を減らしておくことも重要です。

経験者の女性ドクターがアドバイスします。ドクターも出産経験者です。妊娠中の歯科治療で不安なことは何でも聞いてください