手軽に歯を補う方法「入れ歯」

失った歯を補う補綴治療のなかでもっともポピュラーな「入れ歯(義歯)」。入れ歯にはすべての歯を補う「総入れ歯」と、部分的に歯を補う「部分入れ歯」があり、どちらも手軽に取り外しができる装置を使用した、歯の機能を回復する治療方法です。

従来「入れ歯はしっかりと咬めないもの」と思われることが多かったのですが、最近では一般的な保険診療の入れ歯以外にも、さまざまな素材や技術を活かした自費診療の入れ歯が登場し、見た目も咬み心地も改良されています。皆さんが思っている以上に自然で、しっかり咬めるものが出てきているのです。

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

 

保険診療

保険診療

自費診療

自費診療

特徴 保険が適用でき、もっとも手軽でよく選ばれているレジン製の入れ歯。耐久性に劣るため、将来的にはつくり直しが必要になる。人工歯部分は天然歯に似ているものの、透明感や色が異なるため目立ってしまいがち 保険が適用されない自費の入れ歯。費用が割高になる分、見た目が天然歯に近く、咬み心地も快適。耐久性にも優れているためつくり直しが少なく済む。素材や固定方法の選択肢が幅広いため、自分に合う入れ歯が見つかりやすい
固定方法 比較的簡易 さまざまな方法がある
人工歯や床の種類 レジン製のみ さまざまな素材を選択できる
強度 やや低い 高い
外観 固定するためのバネが見えたり、人工歯部分の質感などが人工的に見えたりするため、目立ちやすい 固定するためのバネが見えない、天然歯に近い質感が再現できる、など見た目がよい
口の中での快適さ 素材の性質上、厚みが出てしまうので、口の中で異物感が大きく、違和感が出る場合がある 金属をはじめとする薄くて軽い素材が多く使われるため、口の中での違和感が少ない
咬み心地 硬いものなど、食べにくいものもある 硬いものでもよく咬める

取り扱い素材紹介

レジン床

レジン床

素材はレジン(歯科用プラスチック)。保険が適用できる一般的な入れ歯です。強度を高めるために厚みがあり、異物感が気になったり、発音がうまくできなかったりすることがありますが、費用が抑えられることからよく選ばれています。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

歯ぐきにあたる部分が生体シリコンでできた自費診療の入れ歯です。やわらかく、歯ぐきに吸い付くようにフィットして衝撃を吸収します。ずれたり外れたりしにくいことも特長。レジンの入れ歯だと歯ぐきが痛い、とお悩みのかたにおすすめの入れ歯です。

金属床

金属床

歯ぐきにあたる部分が金属でできた自費診療の入れ歯です。強度があるため薄くつくれます。熱伝導率が高いため、食べものの温度を感じやすく、味をしっかり楽しめます。薄くて軽く、雑菌も繁殖しにくいため、お手入れも簡単です。
価格:262,500円~

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(バネ)のない自費診療の部分入れ歯です。特殊な樹脂でできているため、歯ぐきとの境目が目立ちにくく、やさしくフィットします。痛みも出にくい入れ歯です。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯根に内冠を取り付け、その内冠に隙間なく被せられる外冠を入れ歯に取り付けて、ぴったりとはめ合わせて固定する自費診療の部分入れ歯です。お茶の葉を入れる茶筒の蓋と同じような原理となっており、ずれたり外れたりしにくいことが特長です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根側に磁性金属を取り付け、入れ歯側に小型の磁石を取り付け、それらを磁力でぴったりくっつけて固定する自費診療の部分入れ歯です。強力な磁力で固定されるため、ずれたり外れたりしにくいことが特長です。

ミリングデンチャー

入れ歯部分だけでなく、入れ歯を支えるための残った歯のことも含めたトータルな設計でつくる自費診療の部分入れ歯です。固定するためのバネがなく、入れ歯と残っている歯とが一体化するため、見た目も咬み心地もいいことが特長です。

※価格は全て税込です。

入れ歯よりももっと本物に近い補綴治療を選ぶなら、こちらをご検討ください