当クリニックの滅菌に対する取り組み

野田市七光台の歯医者「七光台歯科クリニック」では、感染症を防止するために滅菌処理を徹底して実践しています。治療で使用した機器類を滅菌処理することで、患者様、ドクター、スタッフを院内感染から守ります。衛生環境の保持に気を配り常に清潔であるよう慎重に管理しています。感染症のリスクを軽減し、患者様が安心して治療を受けていただけるよう取り組んでいます。

当クリニックの感染予防に対する取り組み

  • 使い捨て可能なエプロン、紙コップ、トレーなどは、再利用することなく都度使い捨てています。
  • 治療器具は、専用の薬液が入った超音波洗浄機で細部まで洗浄しています。
  • ヨーロッパ規格の厳しい基準を満たした「クラスB」滅菌器で治療器具を滅菌処理しています。
  • 歯を削る機械「ハンドピース」も、常に滅菌し清潔な状態を保持しています。
  • 高温高圧洗浄機にて、使用した機器全体を滅菌し精度を上げています。
  • 滅菌前に患者様ごとの基本セットを滅菌パックにし清潔な衛生状態を保持しています。

機材紹介

GCのバキュクレーブ

GCのバキュクレーブ

医療先進国ヨーロッパの規格であるEN13060に準拠した「クラスB」のプレポストバキューム式の滅菌器です。真空と蒸気を加圧しながら注入し、数回繰り返すことで治療に使用した機材内部の残留空気を抜きます。蒸気を機材細部までいきわたらせることで、高い滅菌性能を発揮します。また、高密度のフィルタでろ過する水処理装置「メラデム40」を使用し、水道水と直結し自動給排水を実現します。

器具除染用洗浄機(SOKUSEN)

器具除染用洗浄機(SOKUSEN)

業界初、温水の沸騰と空気を利用した減圧沸騰洗浄タイプの洗浄機です。手やブラシが届かない細部や超音波洗浄に不向きな軟質樹脂の素材などに適しています。洗浄槽に管状の器械やチューブ、呼吸バッグを入れるだけで、洗浄・すすぎ・水切りまで簡単な操作で自動運転します。大容量で6枚のワイヤーバスケットの収納が可能、作業者の手間をできる限り省き、効率的かつ衛生的に洗浄できます。

当クリニックのこだわりについて