• むし歯の進行段階と治療法
  • 根管治療

むし歯で歯を失わないために

むし歯とは、歯にこびり付いた歯垢に棲みつくむし歯菌が、食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、歯を溶かしていく病気です。むし歯は、「むし歯菌」「糖分」「歯質」の3つの要因が重なり、時間が経過することで発症するといわれています。

むし歯を予防するにはこれらの要因をコントロールし、一つずつ取り除く必要があります。ブラッシングを強化すること、歯質を強くする予防処置を受けることが大切。また、日頃から甘いものの摂取を控えたり、長時間に口の中に食べ物を入れておくなどの食べ方や食生活を見直していきましょう。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
C0【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
C1【エナメル質のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
C2【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
C3【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療をおこない、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
C4【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を抜かずにむし歯を治す根管治療

歯の神経まで冒すほど進行してしまったむし歯は、放っておくと手の施しようがなくなり、抜歯のリスクがともないます。しかし、どんなに新しい人工歯でも、本物の歯に勝るものはありません、どんなにむし歯が悪化しても、残せる可能性があるのなら残すべきなのです。

むし歯が進行した歯を残すために有効な治療法が「根管治療」です。これはむし歯菌に冒された歯の神経や血管、歯質を取り除き、歯の根まできれいに洗浄して歯を残す治療。空洞になった歯の根の先まで殺菌消毒し、薬剤を詰めるなどして、きちんと歯が機能するよう被せものをします。肉眼では見えない根管内の治療になりますので、歯科医師の経験と技術が必要な高度な治療です。また治療の途中で痛みがなくなったからといって治ったわけではありません。最後まで治療をしてしっかりと治しましょう。

根管治療の流れ

step1神経・血管の除去

むし歯菌に感染した神経や血管、歯質を除去します。

step2根管内の洗浄・消毒

根管内を洗浄します。根管は曲がりくねったトンネル状になっているためしっかり消毒します。

step3薬剤の充填

殺菌された根管内に薬剤を充填。再び細菌が入らないよう、隙間なく埋め尽くします。

step4土台の形成、被せ物での保護

土台を立てたうえで被せものをします。これで自分の歯を残すことができます。

大切な歯をむし歯から守るには予防は欠かせません