ドクターが語る診療に対する想い

七光台歯科クリニックのドクター2名に、診療のコンセプトやこだわりについてインタビューしました。歯科治療に対する当クリニックの想いをぜひご覧ください。

  • インフォームドコンセントについて
  • 歯の欠損を補う治療について
  • インプラントについて
  • 小児歯科について
  • 予防歯科について
  • 矯正歯科について

インフォームドコンセントについて

インフォームドコンセントを重視しているとのことですが、どんなことを心がけているのでしょうか?

晃司先生

まず、患者さんのお悩みをいかに改善してあげるかを考えていますね。患者さんが何を望んでいるのか、たとえば「痛みをとってもらいたいだけ」なのか、それとも「最終的にしっかり噛めるように治してもらいたい」のか。治療方法にも幅広い選択肢があるので、どの治療法を選ぶとどう仕上がるのかも含めてじっくり考えます。

もちろん、患者さんに理解していただいて、納得していただいたうえで治療を進めますので、治療方法から最終的にどうなるのかまでを、しっかり患者さんに説明するよう気をつけています。

麻紀先生

患者さんが「何に悩んでいるのか」、そして「どんな治療を望んでいるのか」ということを最初の問診でお聞きしています。「どこまでの治療を要望しているのか」ということを確認したうえで、患者さんにいくつかの選択肢を提示して、その中から選んでもらう形を採っています。

やはり、こちらが「良い」と思うものだけを勧めてしまうと、患者さんが引いてしまったりとか、「そこまで望んでない」と言われてしまったりすることもあるので……。最低限の治療から最高の治療までと言うか……幅広い方法のなかで患者さんにとってどのような治療が適切なのか、その選択肢をご説明し、患者さん自身に選んでいただくことを心がけていますね。

晃司先生

患者さんは、ご自身のお口の状態を言葉にして伝えるのが難しいものです。だからこそ、私たちが「何が問題なのか」をしっかり引き出すことが大事だと考えています。

担当医制について

担当医制にしている理由を教えてください。

晃司先生

当クリニックは、ドクター・衛生士がそれぞれ決まった患者さんを担当して診療にあたっています。担当医制の利点は、「これまでどんな治療をどんな理由で受けてきたのか」が詳しくわかることですね。もちろん、担当制じゃなくてもカルテを見れば、これまでに受けた治療はわかりますが、性格だったり生活の問題だったりは把握できません。ドクターが患者さんと直接会話をして、より詳しく患者さんのことを知ったうえでいかに治療を進めて行くかを考えるのが大切だと考えています。

たとえば、当クリニックで治療を続けていくと、むし歯治療から外科的処置、矯正治療まで同じドクターが担当し、最終的なフィニッシュまで持っていけるんです。メンテナンスも同じドクターや衛生士が行えるので、患者さんのことをしっかり把握できるんですね。そういう点では、担当制は有利なんじゃないかなと思ってます。

麻紀先生

私の場合は、お子さんとか、歯科治療に恐怖感を持っている方などに対しては、女性ならではの気遣いでリラックスしていただけるように努めています。特にお子さんは、お母さんと同じような感覚の口調で話すとリラックスできますので……。

そういうところに、女性の担当医としてのメリットがあるんじゃないかと考えてます。

晃司先生

ドクターごとに考え方が違うので、ひとりの患者さんに対して一貫性を持って治療していけるというのは、凄いメリットです。

患者さんも、先生によって違うことを言われたら混乱してしまいますよね? でも、そういう問題はすごく多いことだと思うから、一貫性は重要視すべきだと思っています。

麻紀先生

他のメリットとしては、患者さんが先生が替わるたびに同じ説明をしないで済むっていうことですね。違う先生が担当になるたびに説明しなおすことが面倒だっていう患者さんはけっこういらっしゃるので。

そういう問題は、当クリニックに関してはないんじゃないかと思いますね。

幅広い診療に関して

診療メニューが非常に幅広いですが、どのように対応しているのでしょうか?

晃司先生

ドクター2人で、治療に対しての意見を合致させたうえで進めています。お互い得意分野はもちろんあるんですが、さまざまな診療メニューを高いレベルでご提供できる技術を持っている自負がお互いにあるからこそ、患者さんのご要望に応えられる体制が取れているんだと思います。

麻紀先生

ドクター2人が夫婦なので、患者さんについての情報をできる限り共有して、把握するように努めていますね。あとは、治療についても一貫性を持たせています。

やはり、上手に対応するためには役割分担が必要なので、お子さんや恐怖心のある方は私が診て、技術的な要素が強いもの(矯正・インプラント治療など)は主人が一貫して担当しています。

お子さんはこの医院だけど、おじいちゃんは他の医院……とか、むし歯治療はここだけど矯正はここ……という感じで別々の病院を選ぶのではなく、当クリニックだけでサポートできるような体制を整えていると自負しています。

患者さんへのメッセージ

このページを見ている患者さんに一言お願いします。

麻紀先生

歯が痛くならないと歯科医院には足を運ばない患者さんが多いかと思いますが、痛みがないうちに治療に来ていただければ、むし歯も早期発見・早期治療ができます。

また、定期的にお掃除をしておけば、歳をとっても入れ歯やインプラントを入れることなく、ご自分の歯で噛むことができます。先のことまで考えて、気軽にご来院いただければと思います。

晃司先生

小さなむし歯の治療から、歯を全部失ってしまった場合の大きな治療まで、一貫して対応できるのが当クリニックの特徴だと思っています。ご相談だけでも、お話を聞くだけでもかまいませんので、どうぞお気軽にご来院ください。

歯の欠損を補う治療について

歯を補う治療は、どのようなコンセプトで行っているのでしょうか?

晃司先生

そうですね。重要なことはたくさんあるんですが、一番考えなければならないのが、入れた物に合わせていかに正しい噛み合わせを作っていくか、ということ。噛み合わせが最初から狂っていると、歯を1本入れるだけでも噛み合わせ全体が変わってきちゃうんです。そして、噛み合わせが変われば、顎の筋肉の異常や顎の関節のダメージまで引き起こされてしまうこともあるので、噛み合わせは非常に重要なんですよ。

インプラントや入れ歯もそう。たとえば、インプラントを入れるのに成功しても、噛み合わせの問題があるとインプラントが駄目になる危険が大きくなるので、先に正しい噛み合わせに整えることが重要です。それは入れ歯も同じで、せっかく入れ歯を作ったのに調整しても痛みが取れない場合などは、噛み合わせの問題がほとんどです。最終的な噛み合わせをどうやって作っていくかを考えて治療することが重要だと考えています。

保険と自費では、それぞれどんなことに気をつけていますか?

晃司先生

保険治療と自費治療の一番の違いは、どれだけよい材料を使えるかということです。保険治療で使える材料は、ある程度決まっていますので、気をつけるべきなのは「いかに適合させるか」ということですね。最高の材料を使えるわけではないので、どうしても誤差が出るんです。決して悪い材料ではないんですが、「それなりの物」しかできないですね。自費の場合、使える材料は選択できるので、いかに適合性を上げて患者さんにピッタリ合わせて作れるかを考えます。

患者さんから「長く持ちますか?」とよく聞かれますが、いい材料を使えばもちろん長持ちしやすいものになります。入れ歯であれば、強度を上げつつ薄く作れる金属床も選択できますし、目立ってしまうバネを使わない入れ歯も選べるんです。

とにかく様々な治療方法がありますので、まずは患者さんに合った方法をご説明しています。まずは一度ご相談ください。

インプラントについて

インプラント治療のメリットはどんなことですか?

晃司先生

インプラントは、周りの歯を削ったり固定源にしたりする必要なく、失ってしまった歯を回復できる治療法です。骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込んで噛み合わせを回復するので、元々あった歯のように噛むことができるんですね。それが一番のメリットです。

たとえば入れ歯を使用した場合、入れ歯は前後の歯などに金属製のバネをつけて動かないように固定するんですが、固定源になった歯への負担が大きすぎるんです。ブリッジにも、本来は削らなくていい健康な歯を削って固定源にしないといけないというデメリットがあります。

現在使っている入れ歯やブリッジなどが合わない、外れるという方、見た目が気になるという方には、インプラントについて詳しくご説明しますので、一度当院にご相談ください。

小児歯科について

小児歯科では、どんなことに気をつけているのでしょうか?

麻紀先生

お子さんは歯医者さんに来た時の第一印象で、その後の苦手意識や恐怖心が決まってくるんです。ですから私は、初めて来院したお子さんとは、たくさんお話をして遊びながら、遊びの中から治療に入って行くことを心がけています。

自分の症状が説明できないお子さんでも、じっくり見ればある程度はわかります。お子さんと私だけで治療を進めるのではなく、お母さんからもきちんとお話を聞きながら進めることを心がけています。

初めて来院したお子さんは、歯医者さんに対しての恐怖心が絶対にあると思うのです。最初が肝心だと思いますので、とにかくちゃんとお話をして、楽しみながら通ってもらえるようにサポートしています。小学生のお子さんの場合は、治療が終わった後にお母さんに診療室に入っていただいたり、お母さんに「今日はここまでやりました」と治療内容の説明をしたりしています。

苦手意識が強くて治療できないお子さんにはどうやって接しているんでしょうか?

麻紀先生

治療ができそうなお子さんに対しては、基本的にちゃんと治療をしています。むし歯は風邪とは違って自然には治りませんので、放置していると進行してしまいます。ただ、どうしても治療ができないお子さんもいるのは確かです。そんな場合は、実際の治療はすぐには行わずに、何回かトレーニングを繰り返します。すると、いつの間にかできるようになっているんです。まずは気軽に一緒に遊びながら無理なく治療を進めます。

小児歯科では、治療以外には何をやっているのでしょうか?

麻紀先生

治療が終わったら、予防として定期検診やフッ素塗布を行っています。成長の過程でむし歯になるだけではなく、噛み合わせや歯並びが乱れて矯正が必要になってくるお子さんや、歯並びが乱れる原因になる癖(指しゃぶり・頬杖・口呼吸など)を持っているお子さんもいます。

定期検診で問題点を見つけて、早めにアドバイスや処置をすることも小児歯科の役割です。

予防歯科について

予防歯科ではどんなことに気をつけているのでしょうか?

麻紀先生

むし歯以外で歯を失う大きな原因になるのが歯周病です。でも、歯周病がどんな病気で、どんな症状が出るかということを知っている方は意外に少ないんです。自覚症状が出にくいので、症状が悪化して初めて受診して、手遅れになる。そうやって歯を失う方が多いのが現実です。

そこで当クリニックでは、患者さんに少しだけお時間を作ってもらって、むし歯や歯周病についての説明やブラッシング指導、健康的な生活習慣・食生活の指導を行っています。根本的に予防するためには、まずは正しい知識を得ることが重要ですから。

矯正歯科について

矯正を受けるメリットはどんなことでしょうか?

麻紀先生

ご自分の歯並びにコンプレックスを持っている方は多いかと思います。そういう方が、コンプレックスを解消してよりよい生活を送っていただけることが矯正の大きなメリットですね。

お子様の矯正に関しては、成長期のうちに顎の成長を良好な方向に導いてあげることが必要ですので、大人の矯正以上に矯正方法や治療のタイミングには気を遣っています。

歯並びが乱れていると、歯ブラシも当てにくくなってむし歯や歯周病にかかりやすくなります。歯並びの乱れによって歯みがきがしっかりできない方は、矯正をすることで歯のお掃除も楽になりますので、まずはお気軽にご相談ください。